自損事故の場合の支払いとは

単独で自動車事故を起こしてしまったとき、運転者本人が死亡したり、傷害を負ったりしてしまった場合、通常保険金を受け取ることができないことがあります。自動車保険の基本は、自分が起こした事故によって人を死亡させてしまったり、障害を負わせてしまったり、あるいは事故によって相手の車を壊してしまったり、物を壊してしまったりしたときに相手方に対する補償であって、自分自身や自分の車の補償はオプションとなっていることがあるからです。

また、車対車の事故の場合でも、100%自分に過失がある場合は、相手方の保険から補償を受けることができません。では、このような事故を起こしてしまった場合、どうしたら良いのでしょう。自分の過失で起こしてしまった事故によって、自分自身が障害や後遺症を負ったり、死亡してしまったりしたとき、最低限を補償をしてくれるのが自損事故保険なのです。

多くの場合、この保険が自動付帯となっていますが、人身傷害保険と重複する面があることから、人身傷害保険を付けた場合、不担保となることがあるので注意が必要です。補償内容は、死亡保険金が1,500万円、入院保険金は1日につき6,000円、後遺障害保険金は50万円~2,000万円といった必要最低限の補償となっています。

最近の投稿