自賠責保険の時効ってあるの?

自賠責保険の保険金請求には保険法により時効が存在し、その期間は3年間です。平成22年の4月1日より保険法として商法から保険に関する法律として独立し、施行されました。これにより請求権消滅時効が2年延びました。この期間は自賠責に限った話ではなく、大抵の保険会社の保険金支払い義務は同じ時期に消滅します。逆に言えば3年間は保険金までは大丈夫ということでもありますが、通常、事故からは時間が経過すればするほど事故後の調査が困難になるため、時効になっていなくても相当の期間が過ぎていれば正当な保険金を受け取れなくなる可能性があります。時効に限らず早めに保険金を受け取るのが大切です。
事故発生後速やかに保険会社へ通知するのが重要です。通知さえしてしまえば後は保険会社の指示に従って保険金を受け取れることが可能ですが、保険会社によっては事故後の対応が不十分な場合もあります。このため、通知と同様に保険金の請求も忘れないように行っておきます。また、保険会社によっては事故後速やかに保険会社に通知することが約款で定められているものがあります。大きな事故を起こした場合だと肉体的にも精神的にも深手を負っているでしょうが、かならず入会している保険会社になるべく早めに通知するのが何よりも大切です。

最近の投稿