自動車の運行中でない場合の支払いとは

自賠責法と言う法律の現在の解釈では、自賠責保険が適用されるのは、運行によって他人の体を害したときと定められています。ここでいう運行とは、一般的な自動車の運転中だけを指すのではなくて、もっと広い意味で捉えられています。つまり、例え車が停車中であったり、或いは駐車中であったとしても、その車の固有の装置を操作している場合も運行中と見做されるのです。この考え方は、被害者の保護を第一と考える自賠責保険の理念からきているものです。
車の固有の装置と言うのは、例えばミキサー車のミキサーであったり、フォークリフトのフォークであったり、或いはシャベルローダーのシャベルであったりします。このような特殊車両の特殊装置を操作している場合も、その車が運行していると見做され、自賠責保険の保険金が支払われます。また、停車中にドアを開閉した場合や、車から荷物を下ろしている最中、或いは牽引走行中も運行していると見做され、自賠責保険が適用されますので、保険金が支払われます。
運行中でないと見做されるのは、例えば駐車場に停めてある車です。この車に人がぶつかって怪我をしたり、ひどい場合には死亡したりしたとしても、運行していない車であるために、自賠責保険が適用されず、保険金も支払われません。

最近の投稿