大地道路上では好きな車線を走行して良いわけではなく、交通ルールに沿って走行する必要があります。
日本国内の道路は左側通行となっているため、キープレフトの原則を守って走行することが義務付けられています。キープレフトとは、通常時は一番左側を走行し、一番右側の車線は追い越し用として空けつつ走行するほか、片側一車線の道路では出来る限り左端を通り、衝突や接触の危険を減らすことも目的の一つとなっています。
周囲に迷惑を掛けないような、正しい車線の選び方も重要になります。左折の場合は特に問題ありませんが、右折する予定がある場合には、交差点に差し掛かる前に一番右側のレーンに移動しておくなど、常に先を読んだ行動をとることも大切です。


一般的な交差点では、左折、直進、右折でレーンが分けられているため、その表示に従います。交通量の多い交差点の場合は、直前でレーンの変更が出来ないよう、道路上に黄色のラインを引いている場合もあります。ルールを破ってレーンの変更を行うと、交通事故に繋がりかねないため注意が必要です。
このほか、左折のために減速した前方の車を、追い越すために急なレーン変更をするのは危険を伴うので、レーンを変更せずに走行するようにします。