パワーステアリングフルードの働きと重要性

パワーステアリングフルード、PSFは油圧式のパワーステアリングに使われている液体の動作流体です。エンジンオイルとは異なる役割を与えられており、ステアリンボックス内部、即ちステアリングラックの潤滑、そしてパワステポンプ油圧の動きを伝達し、潤滑する液体です。つまり、舵を取る際の動きを的確に伝えるための液体であり適度なタイミングでのオイル交換は必要とされています。一般的には5万キロから10万キロ走行までの間に一度の交換を行うのが目安です。


 

非常に重要な役割を持ち、オイルに汚れが目立ってきたとき、ステアリング操作で異音がした場合や操作性に違和感を感じたときに適度に交換をしていくのは必要です。冷間時の唸るような音やハンドルを切る時の引っかかりなどが症状の例です。長年の使用や、曲がり角の多い場所をよく走る場合はフルードの劣化が進みやすく動きが伝達されなかったり、パワーロスが発生しまい、ポンプからの油漏れが大きくなってしまいます。オイル交換の頻度はステアリングの頻度に影響されており、例えば右折左折が多い道で頻繁にステアリングをした場合は汚れやすく、反対に直線的な走行の多い高速道路ではオイルはそこまで汚れることはありません。

 

最近の投稿