ナンバー申し込みに必要な書類について

新車や中古車など新たに登録をしなければならないときは、運輸局や検査登録事務所などで登録手続きをしなければなりません。そこで登録をすることによって、車のナンバープレートが交付される仕組みになっています。


 

登録する際の必要書類として、申請書、手数料の納付書、新車の場合は完成検査終了証、中古車の場合は登録識別情報等通知書、そして、自賠責保険に入っていることを証明する、自動車損害賠償責任保険証明書、ユーザー自らが持ち込んで登録する場合に必要な自動車検査票、他人から譲渡される場合になくてはならない譲渡証明書、そして、自動車重量税納付書これらの書類が必要になってきます。

これに加えて、所有者と使用者が同一であるか、そうでないかによって、印鑑証明や印鑑、委任状、自動車保管場所証明書などのものが必要になってきます。所有者と使用者が異なる場合というのは、例えば車をローンで購入した場合などに所有者と使用者が異なります。こうしたときには、所有者のもの、使用者のものを合わせて出さないといけません。また、未成年者が所有者の場合には、両親の同意書や戸籍謄本、両親どちらかの印鑑証明書がそれとは別にプラスして必要になってくるので注意が必要です。

最近の投稿