–¼Ì–¢Ý’è-2あるスピードで運転する時には追突しない様にある間隔を空けています。然し、それだけでは安全が確保されてはいません。一台前とその前との間隔が少ないと、急ブレーキをかける可能性が高くなり自分も危険となります。従い、安全を確保する為に、一台前との間隔の確保は勿論必要ですが二台前との間隔も確保する必要があります。最低二倍の間隔を保てば良いです。然し、路面やその他の状況により間隔は二倍以上必要となる場合がありますので、状況に応じた運転が要求されます。昼間の運転であれば前方を確認し易いので二台前に限らず、なるべく三台目、四台目や前方を見ます。


郊外や市街地での緩やかなカーブ等はとても見易いですが、市街地で真っ直ぐな道路では三台より前方は見辛くなります。その場合には一台、二台前を重視して状況を早めに確認します。夜間の運転はより見辛くなります。姿が把握出来ませんのでテールランプを見て判断します。夜間は逆に前方の状況はテールランプが光りますので感覚を習得すると分かり易いなります。高速道路でも同様に昼間、夜間も一台、二台、三台前の状況やテールランプを見て運転します。更にスピードが高速ですので車間距離はより長く確保します。以上の様にポイントは一台前と二台前との間隔を確保する事が第一に重要です。次のポイントは三台目より前方の状況をいち早く確認する事です。