LSD搭載車の交換タイミングの注意点

}PgžxQLSDはリミテッドスリップデフと呼ばれ、特に左右で回転差が生まれるような状況下でも車を前に押し出す力を作ってくれます。LSDが必要とされる路面は雪道や悪路があります。雪道では轍などが生まれやすく、スタックの原因になります。その際、LSD搭載車は片輪が空転する状況でももう片方に適切に駆動を伝えてくれます。LSDが無い車両の場合は駆動が両輪に等しく伝わるためにスタックから脱出することが難しいことが多いようです。


そのような便利なアイテムであるLSDですが、中には歯車とオイルが入っています。オイルは劣化しますので交換が必要ですが、交換のタイミングはLSDによって全く異なります。走行距離に応じて交換することでも問題ありませんが、普段の走行でコーナリングが変わってきた際にはLSDの動きがぎこちなくなっていることが多いので走行距離がまだ交換タイミングでなくても交換しておくとよいです。LSDのオイル交換はミッションオイルよりも量が少ないですが、粘度等の問題もありますので高めのオイル料金となっていることが多いです。RV車の場合では悪路を走らなければオイル交換をずっとしていない車両もあるほど容量に余裕があり、また、交換タイミングは長いのですが、定期的な交換がLSDの無用なトラブルを防ぐことができます

最近の投稿