運転免許を取得して間もない場合や、あまり運転に慣れていない人は、前方だけに気を取られがちですが、後方にも注意する必要があります。


例えば、交差点で急に信号が黄色に変わった場合、急ブレーキを掛けて停止するのも一つの選択肢となりますが、後の自動車が間隔を詰めそれなりのスピードで走行していたり、前が止まらずに通過するだろうと決めつけていた場合は、追突される危険が生じてしまいます。このため、ブレーキを踏む前にルームミラーで後方を確認し、わき見をしていたりスピードを落とさずに走行してる場合は、停止せずにそのまま信号を通過することも必要となります。
また、左折する予定がある際には、事前にルームミラーやサイドミラーで後を意識しておくことで、バイクの接近を早めに知ることができ、巻き込み事故の防止にも繋がります。
事故防止の観点だけでなく、スムーズな交通のためにも後方の確認は必要です。交差点の中で1台が立ち往生するだけで、スムーズな流れは失われることになるため、交差点を通過した後もミラーで後方を確認し、特に渋滞の中で止まっている場合には、いつもより間隔を詰めることも大切です。
このように、常に後方を確認する癖をつけることは、スムーズな運転にも繋がることになります。