軽自動車でナンバーを申し込める条件とは

平成11年に普通自動車に対して、希望ナンバー制度が導入されたことで、軽自動車についても条件を満たせば希望のナンバーを申込ができるようになりました。その条件は、新規検査を行う場合や、管轄の変更による名義変更あるいは住所変更をする場合です。また現在使用しているナンバープレートが壊れてしまった場合なども、条件にあてはまります。希望ナンバーの申込は、一般希望番号と抽選希望ナンバーに分けられます。一般希望ナンバーは誕生日や電話番号など、申込者に関連した番号などを使用したい場合に選びます。


抽選希望ナンバーは、ゾロ目などの番号にしたい時に選択します。申込の方法は、希望ナンバー予約センターなどへ行くか、インターネットの窓口から行うことが可能です。申込の際に記入する項目としては、車種分類や用途と希望番号などです。車両情報について入力する必要があるので、車検証があるとスムーズに申込を行うことができます。またナンバーの申込は、事業用に使用する車やレンタカーでは、行うことができません。一般希望番号の場合には、申込後に交付手数料を支払い、届くメールに従ってナンバーの登録申請を行います。抽選対象希望番号の場合には、当選した場合に交付手数料の支払いと登録申請となります。

最近の投稿