カルネ|使用終了後の返却方法

自動二輪を含めて自家用自動車の一時輸入の関税手続を簡素化する書類に無税通関手帳があります。一般的にはカルネと呼ばれており、例えば、海外旅行を自分のもので行いたい場合などには、非常に魅力的な制度になっています。
カルネを申請する場合にはJAFが窓口となっており、ここで定められた条件をクリアすることによって利用することができることになります。条件としては、まず、日本で登録され法的に問題が無いもの、必ず日本に持ち帰ること、カルネ名義人本人が海外への渡航を行うこと、また、滞在国への持込期間がその国が定めた期限を超えないことがあり、許可理由としては、旅行、1カ国への短期間の滞在、そしてモータースポーツへの参加となっています。


カルネの発行は、1カ国につき1枚を使用することになっており、通過する国の数に合わせて入手をする必要がありますが、JAFに申請をすることによって、概ね、2週間程度で発行され、同時に申請をすることによって国際ナンバープレートの入手をすることができるようになっています。
カルネは使用終了時には返却を行う必要があり、有効期間終了後には、速やかにJAFに持参をし返却手続きを行うことになります。また、カルネは申請時にクレーム処理対応として30,000円の預かり金を徴収していますが、この費用はカルネの返却と同時に返還されることになります。

最近の投稿