海外取得の免許|国内免許に書き換え可能?

国際化時代においては、日本にも多くの外国人が訪れる時代となり、そういった外国の方が日本に来て自動車を運転されるケースも目立ちます。また東京オリンピック開催などもあるため、その需要も増える可能性もあります。

そういった外国の方は、もちろん自分の住んでいる国で免許を取得しているのが一般的で、日本に来てからも運転したいケースもあります。その場合には、日本国内では免許の書き換えを認めています。ただそれを行なうためには要件があり、海外取得された免許が有効期間にあること、そしてその取得した国に3ヶ月以上滞在したことを証明することで可能となります。


 

また住所地を管轄する運転免許センターに赴く必要があり、そこで申請を行なうことが必要となります。免許に関する一切のお問い合わせも各都道府県ごとに存在するそのセンターが窓口となります。

なお申請時には、必要な知識や技能を有するかの試験が行なわれ、運転することに支障がないと判断されると学科試験や技能試験の一部が免除される仕組みになっています。海外取得した国によっては、学科試験や技能試験が免除される国も存在しています。

取得には視力などの適性検査が行われますが、それについては免除されることはなく、必ず検査を受けなければならないこととなっています。

 

最近の投稿