海外でも自家用車で!自動車カルネについて

海外でクルマを運転しようと考えている人は、日本自動車連盟が提供する「自動車カルネ」を用いるのがおすすめです。これは、クルマの「一時輸入」の通関手続きを簡素化出来る書類のことで、これを用いることによって一時輸入されたクルマは日本の登録のままで海外の道路を走行することが出来ます。


紅葉と川自動車カルネは、海外に短期間滞在する場合、何ヶ国にもわたって海外旅行をする場合、そしてラリーなどの海外モータースポーツの競技会に参加する際は、この自動車カルネを使うと大変便利です。自動車カルネが利用出来る場所は、アジアや中東諸国、アフリカやオセアニア、南北アメリカに属する国または地域です。カルネの申請時は発行手数料に加え、海外でのトラブル防止のために支払う「クレーム処理預り金」、そして万が一カルネを使用して一時輸入したクルマが再輸出されなかった場合に備える「担保金」がかかります。担保金の額は、クルマの種類や持ち込む国によって大きく異なります。カルネの申請から発行までは2週間程度かかる上、海外を走行するために取り付ける「国際ナンバープレート」もあわせて作成されるため、海外に行く1ヶ月以上前を目安に申請するのがおすすめです。

最近の投稿