加害者請求の場合

自動車の自賠責保険は被害者からも加害者からも請求することができます。ただしこの場合の加害者とは実際にケガを負った者をさし、事故の過失責任の有無などは関係ありません。たとえば停車中の車に後続車が追突した場合、追突した車に乗車しているものがケガをすればその者は被害者となり、追突された側が加害者になります。
自賠責保険における加害者請求の場合、まず加害者側が被害者に対して賠償金を支払い、その額を保険会社に対して請求することになります。しかしこの請求をおこなうためには被害者側が賠償金を受け取ったことを証明する書類が必要となり、治療が長引いたり、上記の例で挙げたような責任の有無で争いが起きかねないようなケースでは、裁判に発展する可能性もあるので、早いタイミングで自賠責保険を請求することができない場合も考えられます。
ここで注意しなければいけないのは、自賠責保険の請求権については、保険法により消滅時効が定められていることです。具体的にいえば、起算日である保険請求権が発生した日から3年で時効が成立し、保険金請求権が消滅してしまうのです。起算日となるのは被害者や病院に対して賠償金を支払った日ですから、この日より3年以内に保険会社に対して保険金の支払いを請求する必要があります。
もし諸々の事情により保険金請求ができない場合は、保険会社に対して時効の中断を申し立てなければいけません。手続きについては保険会社により異なります。

最近の投稿