}PgžxQ 一般道路・公道の運転はサーキット等のスポーツドライビングとは全く異なるものです。勿論、対面交通、交通法規という制限もあります。一般道路における運転テクニックには、派手なドリフト走行は言うに及ばず、ヒールトゥがどうの、華麗なステアリングも、華麗なギアチェンジも、限界までブレーキングを遅らすテクニックも必要ありません。そもそもサーキットにおいて基本ラインと言われるアウトインアウトを一般道路で行っても危険が伴うだけです。一般道路における運転テクニックとは、例えば道を譲ってもらったら感謝の意志表示を積極的に行ったり、パッシングの点滅をして道を譲ったりする気配りやできるだけメリハリのある運転を行い周囲に自分の行動を明確に知らせるといった、いわばコミュニケーション能力が要となります。また公道上の運転は、決してこれ見よがしのテクニックのひけらかしや蛮行を振るうことではなく、常に安全第一の運転をすることが肝心であり、必要なのは臆病さです。こんな話があります。普段サーキットで限界領域のスポーツドライビングをしているレーシングドライバーほど公道では臆病なほど慎重に慎重を期する運転をするそうです。例えば、一般線から本線に入ろうとする場合は、しつこいほど左を見て右を見て左を見てを繰り返した後、入るといった具合です。それは運転に伴う危険を身にしみて分かっているからです。


その他の運転テクニックは、自分の車に対するケア、いたわりの部分です。例えば停止時のアイドリングストップ、ギアやクラッチを傷めない走り方をすることです。同時に、同乗者に不快を与えない運転も然りです。ひとつは前後上下の揺れの極少ない走りです。