保険金請求と時効について

保険金を請求する権利や保険料の返還を請求する権利などについては、保険法により消滅時効が定められています。成立に必要な期間は権利が発生した日(起算日)から3年で、この期間内に保険会社に対して請求をしなければ権利は消滅したことになるのです。これは時間の経過とともに事故に関する調査が困難になり、適正な保険金の支払いができなくなる恐れが高いからです。
ただし保険金請求ができる権利を得た日については保険法にも規定がありません。したがってこの点に関しては民法の規定が適用されるのですが、保険商品の種類等によって異なるケースがありますので注意が必要です。
一般的に対人賠償や対物賠償の場合は、損害賠償額が示談や判決などで確定した時に保険金を請求する権利が発生します。ですから事故によってケガを負った場合、そのケガが治癒し、治療費が確定した日が起算日となるのです。また後遺障害が発生した場合は症状が固定した時点、死亡した場合は死亡時が起算日となります。
また自賠責保険については、治療や裁判が長引いてしまった場合、保険金の請求がなかなかできないこともあります。このようなケースでは保険会社に連絡して手続きをすることで、時効を中断させることができます。

最近の投稿