保険金が支払われない事例って何?

車を持って運転するなら、ガソリンのほかにも自動車税と保険の加入は義務です。
自動車の保険には強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。自賠責保険は、主に交通事故の相手方の、法律上求められる最低限の補償が目的で、事故の起きた状況、運転者の責任などで必要な補償が増える場合には自賠責保険では十分でないことがあります。
また、運転者自身や車の損害に備えておくには自動車保険が必要です。
自動車保険は、運転者の年齢条件を設定したり、保険の内容を調整することで保険料が決まります。

 ただし、自動車保険で備えを十分にしていても保険金が支払われない場合があります。保険が下りるかどうかで事故を起こすわけではありませんが、知っておくと便利です。
まず、故意に事故を起こした場合は対象になりません。
つぎに、飲酒運転や無免許運転など、運転自体が違法な状態である場合も補償されません。
そして、本人や身内が被害者である場合も補償されないので注意が必要です。日常の買い物やレジャーなどで、自分の家族を自分の車でぶつけてしまった場合などがこれにあたります。
なお、この規定は、実の親には該当しますが、配偶者の親(義父母)には該当しないため、自分の親の場合は保険はカバーしませんが、配偶者の親の場合は保険で対応できます。

最近の投稿