被害者が他人でない場合の支払いとは

自動車保険は、事故が起こったときに補償の対象となる人や物などの範囲によって、対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、搭乗者傷害保険などのさまざまな種類が設けられています。補償対象となる人は「被保険者」とよばれ、契約した自動車をメインで乗る人を指す記名被保険者のほかに、同居している配偶者、家族、親族、場合によっては別居中の子供などが含まれます。なお、通常であれば契約者として保険料を支払っている人が記名被保険者と同一になりますが、支払っている人と被保険者が異なる場合もあり得ます。そして、これらの保険の補償対象とはならない場合についても、通常は保険約款のなかに免責事由として箇条書きで列挙されているものです。
対人賠償保険では、補償が及ぶ対象となるのは、被保険者が起こした事故によって第三者にけがや死亡といった損害を与えた場合に限定され、それ以外の補償については免責事由に該当することになっています。例えば、被害者がまったくの他人ではなく、家族であったという場合には、この保険約款にいう「被保険者」の側に該当するため、保険金が支払われないということになります。こうしたケースをカバーするために、別に搭乗者傷害保険などのメニューがあります。

最近の投稿