自動車を運転する場合、安全に走行するためにもいろいろなものに気をつけなければなりません。もちろん交通ルールを守って走行するということが大前提となります。
走行時や停止時に気を付けなければならないものは道路上にもあります。実は道路にはいろいろな障害物が発生することがあります。
自然災害として発生する可能性があるものとして落石があります。都会ではあまり発生することはありませんが、山道などでは落石があり注意しなければなりません。
また強風のときは物が飛んできて路面に落ちていることもよくあります。看板や木の枝などが強風で飛んでくることがあります。


トラックなどの積載物が落下することもあります。運転手は気づかないことも多く、後続のものが落下物を踏んでしまうこともあるのです。また動物などが道路に飛び出してることもあります。
このような障害物は自然に落下や飛んでくるようなもの以外にも故意に置いてあるものもあります。ゴミなどが道路上に置いてあることもあり、とても危険なこともあります。
また道路上にスピードを落とす目的でわざとでこぼこにした箇所もあります。いずれにしても初めての道や先頭を走行するような場合はこのような障害物に注意して走行します。