電動パワステ車の場合のパワステフルードの点検は事情が変わります

–¼Ì–¢Ý’è-2パワーステアリングとは、自動車のハンドルを軽い力で操作するためにアシストする装置です。パワーステアリングには、ポンプがエンジンで駆動するベルトタイプと、電動モーターで直接駆動する電動タイプがあります。パワーステアリングはベルトが切れたり、モーターが壊れたりすると普通のステアリングになってしまい、走行中に急にハンドルが重くなるなどのアクシデントの原因になります。


よって、パワーステアリングは点検の必要があります。パワステフルードは、油圧式のパワステの車においてハンドル操作によって生じた油圧をステアリングシステムに伝達する潤滑油の役割を担っています。パワステフルードは古くなった車や車体をぶつけた時に漏れてしまう恐れがあります。だから、油圧式のパワステの場合は漏れをチェックしなければなりません。一方、電動パワーステアリングはその必要がありません。しかし、これらの中には電動油圧式パワステが含まれていることがあります。電動油圧式パワステは、エンジンの負担を減らすために電動モーターでパワステポンプを動かしているのでパワステフルードの点検をします。もし、エンジンルーム内でパワステフルードのリザーバタンクがあれば、電動油圧式パワステです。

最近の投稿