デファレンシャルギヤオイルの点検のコツ

クルマがカーブを曲がる時に重要な役割を持っているのがデファレンシャルギヤと呼ばれる部品です。カーブを曲がるときに、外側の車輪の回転速度を内側の車輪よりも上げないと、スムーズに曲がることができません。そこでカーブに応じて左右の車輪の回転速度を調整するために着けられているのがこのデファレンシャルと呼ばれるギヤです。前輪駆動車は交換不用ですが、後輪駆動車や4輪駆動車の場合は定期的な交換が必要になります。


 

また、前輪駆動車であってもオイルを定期的に交換する必要があります。5万キロを超えたあたりから、劣化が進んだり、量が減ったりしやすいので、点検が必要になってきます。車検の際に見てくれますが、日ごろからカーブを曲がるときに異音がしていないか注意することが大切です。もし異音が発生するようでしたら、オイルを交換してみると良いでしょう。あるいは5万キロ走ったら交換するようにすると安心です。また、オイルの漏れがないかどうかは、量を点検することが大切です。量が減っているようでしたら量を継ぎ足しますが、極端に減っているようでしたら、異音も大きくなりますし、大変危険ですので、修理工場に持ち込んで修理点検することをおすすめします。

最近の投稿